2013年09月07日

うだつマルシェ

8月24日はパセージ終了後、徳島県西部三好から参加してくださっているメンバーさんに
阿波池田まで便乗させてもらった。

そこで次の日のワークに呼んでくださっている徳島県のお友だちご夫妻と合流。
ディナーと『うだつマルシェ』楽しかったなぁ。
雨がひどかったので、出ているお店はあんまり多くなかったけどそれなりにイベント気分を堪能した。

阿波池田は昔、タバコで栄えた町だそうで、立派なおうちが軒を並べた街並みが歴史を感じさせてくれる。
うだつって防火を目的とした日本家屋の屋根の部分のことで「うだつの上がらない・・・」ってここかららしい。
IMG_2478.JPG






posted by yuko at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

おいしいごはん

徳島のお友だちからたくさんのオクラをいただいて、帰ってから毎日おいしくいただいている。
一昨日はびんちょうマグロのお買い得刺身が出ていたので、「そうだカルパッチョ!」と思いついた。
カルパッチョって言っても最近奮発したピエトロドレッシングかけるだけなんけど……
オクラとあうかなぁっと思いながらだったけど、おいしかった。SN3G2677.JPG














昨日8月21日は奈良県吉野地方の中学校で講演をさせていただいたので、奈良県のお友だちに会えないかなぁとラブコールしていたら「よかったらうちで晩御飯食べませんか?」と言ってくださった。わぁ、うれしいととびついた。講演会会場まで迎えに来てくださって、お宅におじゃましたらお嬢さんが明るい笑顔で迎えてくださった。高校2年生のお嬢さんはとってもたのしいお話しを、こぼれるように話してくださって、お友だちが夕飯を準備してくださっている間、ほんとにほんとに楽しい時間を過ごすことができた。
パッタイとチキンの食卓を、元気ではつらつとしたお嬢さんの隣でいただくのは、いろんな意味でぜいたくだった。デザートのころにはご主人も参加され、にぎやかな食卓はほんとにごちそうさま!
で、帰りには自家製お野菜(ご主人作)、トマト、オクラ、ゴーヤ、ニンニク、なんだか夏野菜フルセットまで……手(チョキ)
これをラッキーと言わずになんというべしや

SN3G2679.JPGSN3G2678.JPG

posted by yuko at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

人形浄瑠璃と徳島と大阪

淡路島の福良港に人形座ができて、人形浄瑠璃を楽しむことができるというので、
8月14日に徳島のお友だちにつきあってもらって一緒に行った。
演目は 午前が本朝廿四孝・奥庭狐火の段 で、午後が日高川嫉妬鱗・渡し場の段 だった。
狐火の段は夫に向けて刺客が放たれたと知ったお姫様が、一刻も早く知らせて救いたいと必死に祈り、一族の守り神の狐がのりうつり天空をかけていくというくだり。渡し場の段は自分のもとを去った僧の安珍を追ってきた清姫が、渡し船にのせてほしいと船頭に頼むけれどすげなく断られて、悲しみと怒りのあまりヘビに化身して川を泳ぎ渡るというくだりだった。
どちらも姫たちが愛する人への切ない思いがエネルギーとなって、人以外のものに化身して超常的なことがおこる。怖いような切ないような………。特に清姫はもっと怖いかと思ってたけれど、浄瑠璃語りの女性の声がかわいらしくて、人形の所作も少女の風情がいじらしくて、かわいそうでならなかった。
演目中は写真をとっちゃいけないけれど、終わったらお人形と記念撮影をしてくれた。SN3G2661.JPG戎さまと.JPG














お昼ご飯は福良港だけあって海産物が豊富でアナゴ丼と生しらす丼、大あさりとはも天もぜいたくに〜ハートたち(複数ハート)
アナゴ丼.JPG大あさり.JPG
















人形座のあとは『渦の道』を初体験。鳴門の渦潮を上から見えるように作られた施設なんだけど、これがビビりの私にはなかなかの試練。大鳴門橋のすぐ下にあって車の行きかう音と揺れがおっとろしい〜。
とにかく鳴門の渦潮って大迫力でした。
SN3G2666.JPG







帰りは大阪に向かわず徳島のお友だちのおうちへ。
お玄関にはいつものように季節に合わせたしつらえが素敵だったなぁ。
ほら、夏の海、岩場に打ち寄せる波しぶきって感じでしょ?
右のはスヌーピー、見えるかな?
夜はご主人が超豪華なステーキを焼いていてくださった!
一日中おいしいおいしい三昧〜
SN3G2672.JPGスヌーピー.JPG













次の日もアユの塩焼き、天然ウナギ、そして名酒『眉山』を酌み交わすというぜいたくさ。
そして16日はもう一人のお友だちと一緒に17日のカウンセラー養成講座見学のため大阪に向かった。
お友達二人と大阪の夜は千房のお好み焼きで締めくくった。
千房のマヨネーズはこんなふうにかけてくれるって知ってました?
それにしても3日間、いやぁ食べた食べた。

千房お好み焼き.JPGサービス満点パフォーマー.JPG

posted by yuko at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

島根旅行

今年の夏も家族旅行に行こうと長女が提案してくれて、夫が石見銀山に行きたいと言い、じゃぁ私も出雲大社行きたいと長女が言い次女は「うち、むり」ってことで3人旅行に……。
8月4日の夜に長女が車で愛知から車で帰ってきてスタンバイし、5日の早朝石見銀山に向けて出発した。
娘が快調に車を走らせてお昼すぎに石見銀山世界遺産センターに到着。一番行きたがっていた夫は期待と違っていたらしく不満げだったけれど、私と娘はセンターや代官所跡から続く街並みに並ぶ銀とか石製品のグッズショップを一軒ずつ回ってとっても楽しめた。
街並みにはこの頃いろんな観光地が古くからある文化的特色を楽しみつつ、今時のみんなが好きそうなモノを並べるというお店が並んでいて、暑い日だったけどお店ごとに涼むこともできたしレトロ感満載だった。
代官所跡にあった人力車と、街並みにあった〇リキシャが新旧を感じさせてくれた。
SN3G2611.JPGSN3G2621.JPG















街並みの保存だけでなく、自販機にまでこの工夫……。
売っているのは全く普通のお茶とかジュースでありました。
SN3G2615.JPGSN3G2619.JPG










この日は温泉津温泉に泊まり、熱いめの温泉とていねいなお料理をいただいたんだけど、島根のアドレリアン仲間が顔を見に来てくれた。うれしかったなぁ、1時間も車を走らせて来てくれるなんて!

6日の朝は出雲大社へ。
今年遷宮のお社は桧皮葺の大屋根が美しい荘厳な雰囲気だった。2礼4拍のお作法も知らなかったなぁ、以前島根アドレリアンたちと一度来たことあったはずなんだけれど。
この日はお昼に念願の出雲そばを食べることができた。
島根県立古代出雲歴史博物館で石見神楽や銅剣銅矛銅鐸をたっぷり見学したあと、出雲キルト美術館を見学して松江のお宿へ。



SN3G2628.JPGSN3G2629.JPG
















SN3G2634.JPGSN3G2631.JPG









夕日を眺めてご飯を食べて温泉入って、あ〜こりゃこりゃ。
最後の見どころは宍道湖畔に15年前にできた島根県立美術館。長女と同い年で娘たちと一緒に「子どもの権利条約フォーラム」活動をしてくれていた人が、ここに学芸員として勤めていて陶芸の展示を担当されているのを見学させてもらった。

ふうぅ、これにて我が家の4分の3家族旅行でありました、で終わらず、この後大阪のおばが娘に着物をあげると言ってくれて平野区まで足を延ばしたりもして、娘は10時間以上運転し続けたのありました。しんどくないって言うのがびっくりだった。

近所のかごの屋で外食つづきの3日間を締めくくった。なんだか毎日おいしかったなぁ。
posted by yuko at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

ドアホン

うちのマンションはこのたび、オートロックのドアホンを全戸付け替えることになった。
昨日我が家のドアホンも新しくなった。
ドアホン.JPG

今、文字が点灯状態になっているパネルの真ん中に、
なんと
来訪者の映像が映し出されるのでありました。
今日の夜長女が帰省して、明日の朝から出雲へ家族旅行に行くのだけれど、あの子がピンポンしてくれたら初めて画面を使えるかもしれない。
そうだ、メールしてピンポンしてくれるようにたのんでおこうっと。
posted by yuko at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

八吾八吾さん

先週のパセージは前日お昼の時間に到着できたので、ねぎちゃんにいっぱい遊んでもらった。
まずランチ!

いざ、みかちゃんの小松めし〜
っと思ったらねぎちゃんから「定休日ですよ〜」と教えられてがっくり。

でも、宮津の底深さはすごい。
こだわりのお店は他にもあるのだった。

ぱごぱごさん.JPG看板.JPG















都会でアパレルを扱っておられた方が宮津にもどってお店を開かれたという
八吾八吾(パゴパゴ)さん窓際の席.JPG納豆ごはん.JPG











私、納豆好きなものでとってもおいしかったし、素朴なおかずもおいしかった。
何よりこの窓から見えるお庭。庭師の入らない庭つくりをコンセプトにご主人ご夫妻が丹精をこめておられるんだそうで、雨に洗われた緑が美しいこと。
カエルやカタツムリが似合いすぎぃ

ご主人は一閑張りと言って、竹などで編んだかごに柿渋をコーティングする工芸品の名のある作者なんだそうで、教えたりもしておられる。
奥さまは(これまた上品で都会的なモダンさも兼ねておられて…)美術品クラスの刺繍の作品を作られる方で、ウサギをテーマにした作品をたくさん飾っておられた。
一閑張り.JPG





すてきな空間でおいしく素朴なお昼をいただいて、大満足。
次はどこに連れてってもらおうかなぁ〜


posted by yuko at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

丹後のmogmogさん

6月7日は丹後に遊びに行ったので、ねぎちゃんがお昼ご飯にとお友だちが始めたカフェに連れて行ってくれた。
びっくりの本格的なお料理なんだけれど、なんだか親しみやすい。お店は小さなスペースを上手に使って、ほんとにおしゃれ……
この日はさごしのパン粉焼き

8696_610513018972592_1394239078_n.jpg

宮津市役所すぐそばの路地裏風な一角に、清潔でおしゃれなおいしいお店。あと2回パセージで丹後に行くので、きっとまた行こうと思った。

行ってみたい人は
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=589044894452738&set=a.589034727787088.1073741825.563276927029535&type=1
posted by yuko at 15:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

初めてのグランフロント

28日の火曜日は長女と母のグループホームへ行った。

のんびり起きて、たらたらと支度をしてたら出発が11時近くになった。
「このまま行くと、ちょうどお昼だからご飯のじゃましちゃうねぇ。
梅田でお昼ご飯を食べてから行こうか」と言うと
「グランフロントのパンケーキのお店行ってみたい!」とリクエストがあった。
行ってから「どこにしよう〜」って迷う必要がなくていいや、と大喜びで賛成して混雑がすごいらしい、と敬遠していたグランフロントに初めて足を踏み入れた。
たしかに入り口付近は人がたくさんで込み合っていたけど、中に入ってしまうと施設の大きさに呑み込まれて、混雑が薄められてしまうみたい。大きな空間に人の話し声も呑み込まれちゃうのか意外に静かで落ち着いていた。オープン時のテレビで見た映像に影響されすぎていたことに気がついて苦笑してしまう。
娘はネットで調べていた店で、狙いのパンケーキを注文し、私はランチプレートを食べた。どっちも分け合って食べて大満足だった。お値段も納得で、また誰かと一緒に来たいなぁと思うくらいの満足感だった。
SN3G2472.JPGSN3G2471.JPG











母のところでは予定どおりぬり絵をして遊んだ。母は娘のことをいつも最初は思い出せなくなっていて、娘はいつも思い出してもらうまで何回でも、自分の名前を「おばぁちゃん、〇〇やで〜」とにこにこと伝え続ける。先日この子が園の子と過ごすのにつきあった時もそうだったけど、穏やかで優しくて冷静で動じないところ、本当に尊敬してしまう。この点は夫に似ているんだろうなと、認めるしかない……よねあせあせ(飛び散る汗)
母は今のところぬり絵がお気に入りで、熱心に取り組んでくれる。一生懸命度が過ぎて今回はプルートの目の中も塗ってしまった。「あちゃぁ」といって娘を笑わせていた。
SN3G2470.JPGSN3G2468.JPG














うちに帰ったら「母の日に何も送れなくてごめんね」と『マリメコのポーチ』と『フルーティーぶどうのお酢』をくれた。一日楽しませてくれた上にプレゼントまでもらうなんて、まぁなんてうれしい事かしら。
それに明日はパセージに出かける私と同じ時間に、愛知に向かって娘も家を出ると言う。帰ってしまうのはさみしいけど、駅まで一緒にと思ってくれたんだなぁ。
SN3G2467.JPG


posted by yuko at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

おもてなし課

長女と私は今、読書友だちというか、作家ファン友だちというか……
有川浩さんと三浦しをんさんを読み耽るという共通の話題をもっている。
日曜日から明日の水曜日まで休みが取れたから帰る。
だから日曜日に「県庁おもてなし課」を見に行こうよ、と提案してくれた。
というわけで、伊丹のイオンモールにあるシネコンで待ち合わせの約束をした。さんは
夫と二人長女と落ち合って、ポップコーンとジンジャエールを抱えて映画鑑賞のひと時を過ごした。

私と夫は「まぁまぁ、面白かった」だけど、娘は「小説の方がよかった」だった。
何が物足りなかったのかははっきりしないけど、主人公二人の高知弁がうまくなかったのは確かだと思う。
それはそれとして、錦戸くんは好青年を地で行く感でかわいらしかったし、堀北真希ちゃんはしっかり者をうまく表現できる存在感がよかったと思った。
高良健吾くんは高知弁も上手で役作りうまいなぁと思ったし、佐和さん役の関めぐみさんも初めて知る素敵な女優さんだった。この二人のからみが原作の楽しさに一番近かったかもしれないと、私は思った。
テレビなんかで配役を見たとき「たぶんこんな感じだろうな」と思ったのにかなり近い仕上がりだからと、あまり違和感のなかった両親と少し違ったのが長女。もっと原作どおりを期待してたらしい娘には不満が残ったらしい。若いなぁ……、なんて思う。

それに加えて、母親としての私には「あの子と一緒に」という何をさておいてもの映画鑑賞だからね〜

昨日は先日遊びに行った家島のおみやげ、のりの佃煮をご飯に出したら喜んでいた。そんなにおいしいなら持って帰る?と言ったら「いいの?」と目を輝かせていた。魚がすごくおいしかったよと言ったら「行ってみたい!」だって。家島神社からの眺めを見せてあげたいなぁと思うのだった。
SN3G2457.JPGSN3G2453.JPG












今日は一緒に母のグループホームに行く。
母がぬり絵をするひたむきなところも見てもらうことにしよう。



posted by yuko at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

パセージまでの4月

4月は24日からのパセージが成立するよう、ひたすらつとめた日々だったとおもう。
4月4日から始める日程で4人ほどの方が受講申し込みをしてくださっていたけれど、開催を決定するには少し少ないので24日まで延期することにした。ただ待っていただくのは申し訳ないので、19日ルマー・キタの例会または20日宝塚の勉強会に来ていただくことにした。

また、開催予定だった4月4日にプチパをして、受講を検討中だった3人の方にはっきり受講を決めていただけた。よかったぁ〜。
mixいろいろ丹後.JPG

さてそんな中、5月18日、19日に楽しい催しを知って丹後に出かけることができた。ワークでもパセージでもなくとにかく遊ぼー!だった。
酒蔵弥栄鶴.JPG

丹後に行ったら必ず買う日本酒『弥栄鶴』の酒蔵さんもこの催しに参加されていて、酒蔵をオープンにして近隣の料理屋さんたちとコラボしたり、近隣のミュージシャン?たちのライブをしようというもの。




SN3G2441.JPG田んぼ前ライブ.JPG















たくさんの人と出会い、話し、飲んだり食べたりのおいしさを満喫してハイジのお宅に泊めてもらった。初めてご主人やお子さんたちとお話できて楽しかったな。


あくる日はブナ林散策。これはもう言葉がいらない、美しい世界。おまけに雨まで降ってくれて、美しさに拍車がかかり、感動的だった。


ブナ林の風.JPG小さな食卓ランチ.JPG










最後はねぎちゃんの『小さな食卓』で休息させてもらって楽しい楽しい二日間の締めくくり。
丹後、大好き熱はヒートアップの一途をたどるのであ〜る。

posted by yuko at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

母と花見

今年でたしか3年目になると思うけれど、4月2日は母の暮らすグループホームでのお花見に参加した。
ホームの職員さんたちに付き添われて桜の木のたくさんある近所の公民館まで移動して、近隣の福祉委員さんたちにお手伝いしてもらってお花見をする。
お弁当をみんなで食べて、ビール(もどき)をプシューってあけて、「おいしいねぇおいしいねぇ」って喜びあう。「満開やな」「見事やな」と言い合いながら、歌なんかも歌って笑いあう。


桜.JPGお弁当.JPG














防寒の帽子をかぶせてもらっている母の横で、うっとり桜を眺めていると平和だなぁ〜、と思う。今年はゆっくり時間があったので、帰りは私が車いすを押してホームまで帰った。ご近所のお庭にたくさんお咲いているお花も楽しませてもらいながら「フリージアが咲いてるねぇ」なんてのんびりとした時間を過ごすことができた。そういえば母も鉢植えをたくさん家の前に置いてよく世話をしていたの、忘れていたな。

満開の桜が徳島でも大阪でも楽しませてくれるくらい、あったかくなった頃、やっと室内用防寒スカートが出来上がった。お尻の冷え対策と押入れの毛糸の処理、くらいにはなるかな。

スカート.JPG
posted by yuko at 14:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

ミュージカルと卒業式

3月21日に長女が「お母さんを名古屋で連れて行きたい所がある」と呼んでくれた。 
「どこに連れて行ってくれよと思ってくれてんの?」って聞いても「それは言わない」の一点張り。
誕生日のお祝いをしてくれるんだな〜とは思っていたけれど、夕方娘が勤務あけの時間に岡崎駅まで迎えに来てくれてからも、いっしょにベトナムごはん屋さんで晩御飯食べてる時も、娘の部屋で寝る前おしゃべりの時も「目的地は言わない」状態だった。それはそれでわくわくだったんだけど、もやもやもしていた。

で、22日の朝ゆっくり起きて名古屋駅近くの、人気パンケーキのお店で早めのランチ(ブランチ?)をおごってもらった。駅から場所探しにもエネルギーがこもってたし、ボリュームもたっぷりだったから「あ、お誕生日のプレゼント?大好きなパンケーキを一緒に食べたいと思ってくれたんだ、ありがとね〜」と言いながら、そうかぁバースデープレゼントはここに連れて行きたいと思ってくれたんだ、と納得してお礼を言った。
そしたら「いやこれは第1弾」って言い「1時に目的地に着くようゆっくり移動します」って感じで、先導してくれた。
パンケーキ屋さん.JPGミュージカル.JPG









到着した先の第2弾は『劇団四季ミュージカル・ユタと不思議な仲間たち』目
劇団四季って見たことないけど、けっこう高いよね。それに前から10番目の真ん中の席だし。
そうかぁ、これを思いついて私に日程を確認して、チケットとってくれてたんだなぁ。思いもよらなかったから、「どうしてこんなに何回も日程確認したり、日程変更したり、やっぱり元の日程にもどしたりするん
ろう」と不思議だったけど、なるほどそういうことだったんだね。
いろんなことを一緒にしてくれようとする長女は、次は初夏の山に写真を撮りに行こうと言ってくれている。
ハイキングコースを探して提案するのは私の担当ということになった。どこがいいのかなぁ、うれしすぎてすぐには思いつかないよねー。
金曜日の夜はとっても幸せな気持ちで大阪にむかう新幹線に乗っていた。

日曜日は徳島で四国地方会に参加した。午前中は中島先生の講演「ライフスタイルをはぐくむ」を聞き、午後は中島先生からライフスタイルの読み方を習った。早期回想を聞き取って一文ごとに区切ってその文の主体を明らかにすることから始まる読み方で、今まであまり考えたことのない切り口が新鮮だった。

終了後は次の日にある次女の卒業式に出るため、徳島からそのままバスで東京に予定だったので、徳島のいつもお世話になるお友だちが、駅前ビジネスホテルでお風呂入ったりご飯を食べたり9時まで時間つぶしにつきあってくださった。
なぜバス?徳島から飛行機という手もあったろうに、という声も浮かばなかったわけではない。けれどそれには費用が高いというだけではなく、どんなに早く出ても夜間高速バスほど早く東京にはつけない。
卒業式は12時00分からだけど、着付けが9時予約で、私はその時間に行って始まる前に娘に会いたかった。
だって、始まったら大きな学校だからどこにいるか見つける自信はないし、しかも25日には3回、26日には2回二日間で全学部を5つに分けて5回も式をするので、終了後に構内でゆっくり顔見るのは無理そうだなぁと予想した。

狙いの予想はドンピシャ、顔見て話せたのは開始前だけだった。着付け会場に8時半について次から次から大量生産される振袖袴の卒業生たちのあふれる中、たった10分待っただけで娘も会場に現れた。「おぅ」と笑って手を挙げる娘は、ほんとにこれから着物姿になるの?と思うほど男前。着付けを待つこと1時間、やっと娘が着付けをしてもらって現れるととにかく写真を1枚。照れるから1枚しか撮らせてくれなかったよーもうやだ〜(悲しい顔)

とは言うものの、降ってるかどうか程度の小雨の中、傘をさしかけてやりながらキャンパスまで二人で歩いたひとときはかけがえのない貴重な時間だった。
一緒に行けたから、学内の道案内もしてもらえたしハートたち(複数ハート)

そして、きっと別会場でモニター見るんだろうなと思ってたけど、体育館のギャ
ラリー席に入れてもらえたし、早くから並んだから娘もよく見えた。
うれしかったかな〜

じわじわ感激の涙がわいてきたころ、明らかに娘が総長の式辞で居眠りするからハラハラしたり苦笑したりで、それどこじゃなくなった。これもこの子らしすぎて、忘れがたいエピソードになるだろうな。
きっと、バイトや夜遊びで寝てないと見た。
こりゃ入社式で社長の訓話で居眠りもしかねないなぁと、ふと不安はよぎるものの、とてもうれしい卒業式への出席ができてとにかくうれしかった。

終わってからはとにかく学内も周辺の街も卒業生と父兄の大洪水で、流れに沿って行くしかない。やっぱり娘ともう一回会うことはできなかった。バスにして大正解!メールで連絡を取り合って「ばいばい」をした。

そのあと私は娘が1年だけ通った学部のある町(=娘と入学準備をした町)に足を延ばして、あっちやこっちと「学校の中にトラックと野球場があるってどゆこと?って度胆抜かれたなぁ」とか「スミス先生にごあいさつに来たなぁ」とか「ここで電子レンジ買ったよね」とか「自転車かった西友や〜」とか「不動産屋さんには2回通ったなぁ」なんて思い出話をぶつぶつしながら、次女の卒業を入学時にさかのぼってしみじみと味わって過ごし、ようやくけじめがついた気がした。
ということでこの日も大阪に向かう新幹線にしあわせな気持ちで揺られて帰った。

娘たちはそれぞれにきちんと自分の道を歩き、私ともかかわりを保ってくれて一歩ずつ大人になってきたんだなぁ。十分な援助もできていなかったと思うけど、それなりにお互いに努力してきたなぁって思う。
posted by yuko at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

3月中旬

3月15日はルマー・キタの例会。
今月はほんとに盛りだくさんだった。
前半は花ちゃんたちの教育講演の練習を見せてもらい、後半は悦ちゃんの高知でのカウンセリングの録音を聞かせてもらった。
よく聞き取れなくてみんなが体を寄せ合って聞き、だんだんわかってくると「くすっ」とか「ふぅ〜む」とか、うなずきなんかも出はじめ、終わった後は「なるほどねぇ、さすがにねぇ」と感心したりした。
お昼を食べたあとは「スペース・さと」に移動してお習字を習う約束をしていたので伺った。
ニコニコ迎えてくださって、とても勇気づけていただきながら自分でもびっくりの集中力でのめりこんだ。
左のは飾られた先生作の「いろはにほへと」で、こうなるともう芸術で、なんだかこの迫力に勇気づけられて筆ペンを握った。
右の写真は私のビフォーアフター。左が練習前で右が練習後。習った4人みんなが2時間の練習で驚くほど上達した(よね?)。

書.JPGビフォー&アフター.JPG















16日は丹後へ出かけてねぎちゃんたちの教育講演を見せてもらった。
ほんとに上手になっていて、ワークも慣れたもので、とっても上手に進行されていた。17日は私が分科会を担当したけど、なんと「丹後着物女子たのし会」の方に着物を着せてもらって、着物でワークを初体験させていただいた。あんまり違和感なかったような気がする…、のは自分だけか、な?
丹後でのワーク.jpg




19日は私の誕生日で夫が数年ぶりに大きな花束を買ってきてくれた。豪華だなぁ〜って言うと「まぁ…」と照れて笑ってた。そうかぁ、数日前お金をおろしてきて渡すのを忘れたら、不機嫌そうに「予定があるんだから困る」と叱られたのはこのことと関係あるかもしれないなぁ……。ケーキは例年どおり、律義に名前を書いてもらってくれていた。ろうそくの数は数えていただかなくてけっこうですことよ目

花束.JPGケーキ.JPG
















20日は野田先生のオープンカウンセリングに参加させていただいた。パセージを受けてくださった方が出ておられて懐かしかったし、パセージをしっかり実践してくださっていることがよくわかって、すごくうれしかった。カウンセリングを受けられて、よりいっそう相互の理解が深まっておられて素敵なカウンセリングを見学させていただいたと思う。
6月の京都にも申し込みをさせていただいた。手(チョキ)
早く申し込まないとすぐ満席になっちゃうもんね。

21日と22日と25日のうれしかったことはことはまた新しく書こうっと。
posted by yuko at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

お箸、ふたつ

3月7日から10日まで、次女が帰省していた。
7日の夜に帰ってきて、卒業旅行で出かけたバリ島のおみやげの
お箸をくれた。8日は私が朝から出かけるので、9日のお昼ご飯を一緒に食べようか、と話した。
ひっさしぶりに話ができて、どんなにうれしかったか。それに娘がまだ家にいるうちに私は徳島のパセージに行かなきゃいけないし、次女は帰ってきても午後から深夜まで友だちと夢中で遊ぶので、ゆっくり話せる時間が限られているのだった。なのでお昼ご飯はちょーうれしいのだった。
SN3G2328.JPG


そして9日土曜日のお昼ご飯は近所のファミレス。夫と二人だと、長女と3人だと必ず回転すしなんだけど、この子はお刺身をそんなに好きじゃなくて、一家で出かけていたころはウナギ・卵焼きの繰り返しという被害にあっていたのだった。……なんて思い出しながら、サラダバーやスープバーのあるファミレスでゆっくり東京の話しを聞いたり、就職先や職種の話しを聞いた。なんでもアパレルに収めるブランドロゴやショップのバッグやグッズの注文をとったり納品したりの、営業担当で採用されたんだって。
なるほど娘は印刷を中心とした会社に採用されたんだけど、ほんとはファッション雑誌の編集をやりたがっていたので、がまんして決めたのかなと思っていた。
ちゃんと聞いてみるとその希望が、就職難の現実に合わせてそういう選択にスライドしたということか……。雑誌編集って難しいし、どうなることやらと思っていたけど、ちゃんと妥協点を見つけられる成長ぶりがうれしかった。

徳島行のバスの時間が迫り、後ろ髪をひかれながら梅田に向かったけど、やっぱりちょっと切なかった。

徳島ではツインリーダーさんのお宅に泊めていただいた。受験生のおられるお宅におじゃまするなんて恐縮だけど、と思っていたけれど、受験にピリピリした感じのないお嬢さんが優しく迎えてくださった。朝もお母さんのお手伝いを積極的にされていて、まぶしい思いで後姿を見せてもらって過ごせたことに癒されちゃったな。
SN3G2326.JPG

朝はガラスのはめ込まれたきれいなお箸で、みんなで朝ごはんをいただいた。朝の日差しでお皿にガラスの光が本当にきれいだった。そういえばあの子もお箸買ってきてくれたなと、やっぱり娘のことが浮かんできた。
それにみかんの皮むきやお弁当を詰めるお手伝いをさせてもらえて、自分がいない自宅に今いる次女が高校生だった頃のことも思い出していた。
お嬢さんは私が皮を剥いたみかんや文旦を「わぁ〜!おいしぃ〜」と言ってくれて、詰めたお弁当をとても喜んでくれたりしたので、「あの子も置いてきたエビチリ喜んで食べてるかな?いや、焼き肉の方かな?」と重ねたりしてしまった。

……って、やっぱり今回もエビチリや焼き肉を朝ごはんに食べさせようとする私……
これ、はずせないみたい。
posted by yuko at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

ひな祭りリーダー会

3月3日土曜日は9人の方が来くださって、リーダー会をにぎやかにすることができた。
私とさと子さんを入れると11人で輪になって座ると円が少し楕円形に近かったかな?

さと子さんが季節のお花を活けておられて、とっても素敵だったなー。千鳥屋さんで買っていった雛菓子をお供え風に飾らせてもらったりして……桃の節句.JPG雛菓子.JPG














3人の方に実習してもらえて、あれこれとみんなで進め方を検討しながら、行きつ戻りつの実習は本当のコース中には絶対できないこと。この機会をたくさん利用して、リーダーさんたちに技を磨いてほしいなぁ。

ツインでコース中のリーダーさんも果敢にチャレンジしてくれた。ウォーミングアップの時、さと子さんが出してくださった面白かった話に触発されて、見た夢の話をしてくれた。そこにあるストレングスをみんなでさがすと、出るわ出るわ、絶対コースに生かせそうなその方の『ちから』がい〜っぱい!
次もがんばろうね。


うちに帰ってみると、夫がケーキを買ってくれていた。うーん、娘たちに食べさせたいんだろうな。ってか、私は子どもたちに食べてほしいと思いながら、ケーキを切った。ちょっとさびちー。
雛ケーキ.JPG




posted by yuko at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

舞鶴の一夜

丹後でパセージを受けてくれたメンバーさんが、丹後のメンバーさんたちと協力し合って、舞鶴でもパセージをしようとしてくださった。

参加者を集めるためのワークを東舞鶴で準備してもらったので、お昼ご飯のあと2時間くらい、若いお母さんたちと楽しくディスカッションする時間を持たせていただいた。

それから舞鶴のメンバーさんが懇意の「カキ料理」で有名な料理民宿に移動して、コアメンバーの勉強会と夕食会をした。勉強会が盛り上がって、食事時間も話題はほとんどアドラー心理学のお話〜

カキのコース料理も盛りだくさんで食べきれなかったけれど、話題も尽きることなく深夜まで話し込んで、なおかつ名残惜しく宿泊組と帰宅組に別れてお開きとなった。


焼ガキ、とっても香ばしくておいしかった黒ハート 右のはわかりにくいかもしれないけど揚げ出しガキ
岡山では揚げ出しコラーゲンだったけど、各地にはいろんなお料理があるなぁ
焼ガキ.JPG揚げ出しガキ.JPG












カキがてんこ盛りの土手鍋の煮えるそばから、コースのお料理が次々と届いて、結局ギブアップしたのが最後のカキフライ。無念なことだった、けど、翌朝おみやげに頂いたカキの炊き込みご飯と一緒にお持ち帰りしたもんね。最後には宿泊組で記念撮影して別れた。
カキフライ.JPG
記念撮影.JPG












丹後と舞鶴のみんな、お花でエールをありがとう!
リアス式の舞鶴湾にパセージのときまた遊びに行きたいね。
お花.JPG舞鶴湾.JPG

posted by yuko at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

岡山ワーク

先週の土曜日2月23日は岡山の仲間に呼んでもらって
『質問ワーク』をさせていただいた。

午前中は11人午後は9人の岡山や福山、その上山口の方まで来てくださった。
野田先生の講演会に出た質問からその答えをみんなで頭をひねって考えるワークで、
とにかく考え続けるワークに作ってある。

みなさんうんざりせずに、ひたすら考え続けてくださって、ありがたかったなぁ。

終わってからお世話役さんが連れてってくれたお店、これがまたすてき。
海鮮もおいしいし、岡山名物の黄ニラも、揚げ出し豆腐(豆腐じゃなくてコラーゲン?ゼリー状だった)も、どれもおしゃれでおいしい〜
SN3G2294.JPGSN3G2295.JPG














ハートたち(複数ハート)それで感激なのがこのお花ハートたち(複数ハート)


プレゼント.JPG

ほんとにみなさんありがとうございました。感謝感激の一日そして一夜でした。

posted by yuko at 11:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

関ヶ原を越えて

2月16日土曜日に岐阜に出かけてワークをさせてもらうにあたり、
どういうルートで行くか考えた。
以前、岐阜の私を呼んでくれた友だちが言った言葉に
新幹線新幹線はぜいたく」というのがある。
何でかな?と思っていたんだけど今回調べてみると確かにそう。
岐阜―大阪間は米原まで新快速があるから、
新大阪から新幹線で米原に行くより40分ほど時間がかかる程度の差だった。

しかも川西池田駅を使える私は、大阪駅より手前の尼崎から新快速に乗れるので、
座席の確保も間違いなくできる。これを使わない手はない。
だって岐阜まで3000円だもん。

いいお天気の朝で気分よく出発して電車に乗った。
2時間たっぷり新快速に乗ってくのはしんどいかなと思ったけど、
黒ハート快適黒ハート快適〜
シートがやわらかくて疲れにくい座席シートだったのはうれしかった。
のんびり揺られていたら窓の外が吹雪になって驚いたけど、
岐阜って遠くないんだなっていうのが率直な感想。

さすが有名な関ヶ原越えの雪景色。
でもきれいだったな。


SN3G2283.JPGSN3G2284.JPG







posted by yuko at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

チューリップ

今日はほんとにあったかな日で、うちの中でおさまれず散歩に出かけた。
外の気温の方がうちの中より高くて、コートがいらないくらいだった。

駅前にJAがあって、産直販売所として近所の農家さんが自分ちでとれたお野菜を持ち寄って販売している。徳島におじゃましたら必ずのぞく『道の駅』を「産地に近いっていいなぁ」なんてうらやましがっていたけど、自分ちも産地に近かったんだぁと最近喜んでかよっている。

まぁ道の駅に比べると規模は比べ物にならないくらい小さくて量も少ないけど、それなりにスーパーにはない種類のもあったりして、見るだけでも楽しい。
小さな大根が60円、九条ネギが140円、はっさく3つで200円、どっさりの壬生菜100円をかごに入れてレジに行くと「今日はバレンタインなので500円以上お買い上げの方にはチューリップを差し上げます」ってポスターがある。そしてポイント5倍デーでもあるそうで、レジの方が「ポイントカード作りましょうか、今日からポイントつけられますよ」とすすめてくださった。

それで初めてポイントカードを作ってもらって、チューリップを持って帰ってきた。食卓のうえに飾ってみたら、春が来たような気がしてうれしかった。

寒くて寒くてつらかった日はずっと冬のような気がしていたけれど、寒い時は春が来ることを想像もできないけれど、あたたかい日は来るんだなぁ、春はいつかくるんだなぁ。

黄色いチューリップがうつむきかげんではにかんでいるみたい。
チューリップ.JPG




posted by yuko at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

早春の梅林

2月9日の土曜日はリーダー会だった。
徳島でツインパセージが始まるというリーダーさんと和歌山のリーダーさんが実習をされた。
おふたりともしっかりアドラーネットに体験談を上げてくださっているので、ぜひ皆さんに読んでいただきたいと思う。

月曜日の徳島パセージに備えて10日日曜日の朝にバスで徳島にむかった。これまでは仕事のあと夜遅くに着く便しかあまり利用してなかったのが、今回はお昼に到着できた。いつもお世話になるご夫妻が「梅を見に行こう」と誘ってくださって、那賀川町のお宅から近い梅林に連れて行ってくださった。明谷梅林.JPG




まだ少し早かったけれど、ちょっぴりの花が可憐だったし、「もう咲くんです」といった風情のつぼみがいとおしかった。梅1.JPG




何より広くて大きな規模の、谷の斜面いっぱいに広がる梅の木に、びっしり吹き出すつぼみが開いた様子を想像するのが楽しかった。

まだ風の冷たい梅園をゆったり歩くのもすがすがしかったし、売店のおばちゃんとお話したり、若いカップルのかわいらしさを楽しんだり、楽しい休日感を味わわせていただいた。




それから夕飯は「独り立ち祝い」といって、ご主人が豪華しゃぶしゃぶをごちそうしてくださった。近所の友だちも来てくれてご夫妻と4人でにぎやかでおいしい夕飯をいただいた。なんだか体にしみいるありがたさで、いつも涙出そうになるなぁ。

しゃぶしゃぶ.JPG

posted by yuko at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。